自動車保険キャンペーン

自動車保険の一括見積もりにはどんなデメリットが考えられる?

自動車保険の一括見積もりのデメリットとは?

自動車保険の一括見積もりはご自身の年齢、等級、免許の色、車種によって保険料が分かるうえ、ご自宅やオフィスで保険商品を比較検討できる大変便利なツールです。

わざわざ保険会社や代理店に足を運ばないでご自身でカーライフに最適な自動車保険を探せますし、販売スタッフの強い勧誘がないことからシミュミレーターで自動車保険を選び加入する方が少なくありません。

その一方で、自動車保険の一括見積もりを利用した方の中には「大量のダイレクトメールが送られて来た」「突然保険会社から勧誘の電話が掛かって来てびっくりした」など、戸惑いの声が聞かれます

これでは自動車保険の勧誘を避けるために、一括見積もりを利用した意味がありませんね。

そこで今回の記事では自動車保険の一括見積もりについて、

  • シミュレーターを利用する上で気をつけるべきデメリット
  • ユーザーにとって魅力的なメリット
  • 上手にシミュレーターを利用する方法

を中心にお話しします。

こちらの記事を読むことで勧誘のメールや電話を避けて自動車保険の一括見積もりをするコツが分かりますし、正しい一括見積もりサイトの使い方を学べます。

 

自動車保険の一括見積もりのデメリット

デメリット①:一括見積もりサービス使用時は、電話やメールに注意

自動車保険の一括見積もりサイトの多くは「電話またはメールによる勧誘は一切ありませんを謳い文句にしていますが、情報化社会の現代だからどこから個人情報が流出するか分からないものです。

知人のBさんは更新満期日を3ヶ月後に控えて、この機会に乗り換えを検討したいと一括見積もりサイトでシミュレーションをしたところ、翌日身に覚えのない保険商品のダイレクトメールが送られていて、当惑していました。

便利な自動車保険の一括見積もりですが、Bさんのようなトラブルに遭遇する危険があると不安を感じますね。

しつこい電話やメールによる勧誘に遭う危険が高いと、自動車保険の一括見積もりをうかつには使えないと感じる方も多いでしょう。

そこで、自動車保険の一括見積もりはしつこい電話やメールによる勧誘に遭うリスクが本当に高いのか」について詳しくお話しします。

さらに、併せてダイレクトメール対策についても一緒に見ていきましょう!

電話による勧誘

見知らぬ電話番号は取らない方が多いですし、電話ではうまく見込み客をキャッチしにくいため、自動車保険のセールスの電話が掛かって来る頻度は多くはありません。

稀にサイトで自動車保険の見積もりをした後に、1、2社から勧誘の電話が掛かって来る事があるようですが、本当にごく僅かと言えます。

仮に電話を受けてしまっても顔が見えない相手だから断りやすいですし、「すでに自動車保険を決めてしまったので・・」と切ってしまえば問題がないです。

うっかり相手のセールストークに乗ってしまうと、「うまく加入させる可能性大!」とターゲットに狙わらてしまうから、話しを聞かない、話しに乗らない事が大切です。

電話の勧誘でしたらいくらでも断りようがあるから、セールスコールを気にしないで自動車保険の見積もりをしても大丈夫です。

メールによる勧誘

自動車保険の一括見積もりをした時に最も注意すべきなのが、メールメールマガジンによる勧誘です!

Bさんのように一括見積もりサイトで自動車保険のシミュレーションをした後に、見積もり報告書と一緒に各保険会社から商品案内のメールメールマガジンが大量に送られて来た方が非常に多いです。

しつこい悪質な一括見積もりに個人情報を登録してしまうと、1日2件3件もメールやメールマガジンが配送されて来てかなりわずらわしく感じられます。

しかも1社や2社だけではなく、複数の保険会社の自動車保険を見積もりした場合は、その数に比例してメールやメールマガジンの配信量がUPするから削除するだけでも一苦労ですね。

仕舞いには自動車保険と全く無関係なグルメやファッションアイテムのメルマガなどが送られて来るケースさえあります。

補足:メールの勧誘対策

メールボックスがメルマガや勧誘メールでいっぱいになってしまうと、プライベートな連絡が埋れてしまい、うっかり見落としてしまう事が考えられますが、対策をしておけば大丈夫!

メルマガのトップまたは最後尾に「メルマガ配信解除」を希望する方達のためにURLが記載されている場合がありますから、案内に従って配信解除の手続きを済ませしょう。

また一括サイトの見積もりに関しても、サイト内で「配信解除」ができる事がありますし、ない場合には「よくある相談」を確認すると解除方法が記載されている場合が多いです。

いずれの場合も「配信解除」が反映されるまで1週間程度かかる可能性が高いため、迷惑なメルマガまたは勧誘メールでお困りの時は早めに解除手続きを行いましょう!

わざわざ配信解除を行う事が面倒という方は、YahooメールやGmailといったフリーメールをサブアドレスとして利用すると、自動車保険の一括見積もり以外にもいろいろなシーンで有効に使えますよ。

デメリット②:見積もりサイトの取り扱い保険会社数が多すぎる

ソニー損保、アクサダイレクト、東京海上日動をはじめ、世の中には数え切れない数の保険会社が存在しますが、一括見積もりサイトは提携している保険会社しかシミュレーションできません。

例えば、ユーザー数が一番多い一括見積もりサイト「インズウェブ」は20社のプランを、その他のサイトも保険会社の数に対して、見積もりができる保険会社が限定されてしまいます。

一括見積もりサイトのみではご自身のカーライフに最適な商品を選びにくく、もしかすると見積もりをした以外のプランの方がニーズにマッチしていることもあり得るのです。

上手に一括見積もりサイトを利用するには、自分がこれだけは欲しいという補償が揃っている会社をある程度絞って、自分が興味がある会社と提携を結んでいる一括見積もりサイトで保険料を比較検討しましょう。

デメリット③:細かい保険プランを設定できない

あくまでも大雑把な結果しか分からない点も一括見積もりサイトのデメリットです。

年齢、性別、等級、免許書のカラーなど同一の内容で設定して見積もりを行ったとしても、保険会社によって補償内容は全く異なります。

中には対人対物など基本的な補償のみで、後はオプションによる自由選択としている保険商品があるため、保険料金の安さにだけ惹かれて加入すると必要な補償が全く受けられない可能性が高いです。

ご自身でしっかり各プラン内容を細かくチェックする事が必要ですし、正確なデータに基づいて保険商品を選びたい時には直接窓口で相談された方が話しが早いです。

自動車保険の一括見積もりサイトを利用する際は、あくまでも大まかな情報を知る手がかりぐらいな軽い気持ちで使用しましょう。

 

自動車保険の一括見積もりのメリット

自動車保険の一括見積もりサイトは大まかな情報しか分かりませんし、時にはたくさんのメールマガジンが送られて来て配信解除が大変といったデメリットがありますが、その一方でご自身で積極的に自動車保険について考えるいい機会です。

しかも、特定の保険会社に絞らないで複数の保険プランを比較して、自分が欲しい補償にマッチする保険商品を見つけられますし、時にはご自身が未確認だったよりグレードの高い自動車保険に巡り合える可能性があります。

そこで、この章では自動車保険の一括見積もりサイトを利用する事でどんなメリットがあるのか、1つずつ一緒に確認していきましょう!

メリット①:キャンペーン・特典プレゼントを受け取れる場合がある

自動車保険の見積もりサイトは嬉しいキャペーンを開催している所があるため、お得に相談できる事があります。

どのようなキャンペーンが開催されているのか、少しご紹介しますので時間がある時にぜひ自動車保険の見積もりを行ってみてください。

  • 保険スクエアbang!・・・全員に「モスバーガー1つ」または「ケンタッキーフライドチキン『オリジナルチキン2ピース』」
  • インズウェブ・・・「ケンタッキーフライドチキン『オリジナルチキン2ピース』」
  • アクサダイレクト・・・「ハーゲンダッツアイスクリーム」または「サーティワンアイスクリーム」
  • イーデザイン損保・・・「ローソン『プレミアムロールケーキ2個』」

上記のキャンペーンは見積もりをした方全員がプレンゼントを受け取る事ができます。

その他にも、価格コムが開催中のキャンペーンでは高級ロボット掃除機「ルンバ」「任天堂スイッチ」など豪華な家電が当たったり、グルメカタログが当選するキャンペーンを実施している見積もりサイトがいくつかあります。

詳しく知りたい方はこちらも参考にしてください。

メリット②:担当者と会う必要がないので気が楽

自動車保険についてあくまでも相談目的の軽い気持ちで代理店を訪れてみた所、勧誘がしつこ過ぎて断り切れなくなってしまったという経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

自分の成績に直結するからセールスマン達も必死ですし、客側としても対面となると断りにくいものですね。

その点、一括見積もりサイトはセールスマンに気兼ねしないでご自身一人でじっくり自動車保険について比較検討できて気が楽です。

また、特定の保険会社と提携している代理店が少なくないため、ケースバイケースでは1、2社程度の保険商品しか紹介してくれない場合があります。

自動車保険の一括見積もりサイトは不特定多数の保険会社を一括してシミュレーションできるから、多種多様な保険商品の中から選べる点が魅力です。

メリット③:まとめて見積もりの依頼ができる

できるならば充実した補償内容の自動車保険に少しでも安い保険料で加入したいと思いますね。

安さを第一に自動車保険を探したい方にこそ自動車保険の一括見積もりサイトがおすすめです。

年齢、車種など細かい条件をたった1回入力するだけで、一度に複数の保険商品についてリサーチできるから保険料金に関して一目で判断できます。

また個別に保険会社のサイトででシミュレーションするとなると、何度も似たような条件を入力する手間が掛かるため途中で投げ出してしまう方も多いでしょう。

一括見積もりサイトは前述したように1回だけ条件を入力するだけで、10社20社と複数の保険会社の情報を一度に入手できる大変便利なサイトです。

さらに、気になる自動車保険のプランを見つけた時はそのまま保険会社に資料を請求できるから、段取りよく加入手続きを進められます。

 

一括見積もりと個別見積もりの違いは?

自動車保険には各保険会社の公式ホームページでシミュレーションする「個別見積もり」と、不特定多数の保険会社を同時に見積もり可能な「一括見積もり」の2種類があることをご存知でしょうか。

保険会社をある程度絞って自動車保険を選びたい方、またはまだ保険会社が絞れ切れず自動車保険の選択でお困りの方にとって、個別見積もり、一括見積もりが不適切な場合があります。

適切な見積もりサイトを利用しないと欲しい情報を入手できない事があり、不利益に繋がる事もあり得ます。

そこで、一括見積もり、個別見積もりのメリットデメリットについて一緒に学んで、ご自身にどちらが適しているか判断なさってください。

一括見積もりの特徴

一括見積もりとは、サイトに必要項目を入力するだけでわずか数分程度で複数の保険会社が発売中の自動車保険の情報をリサーチできる便利なツールです。

一定条件を設定して保険商品を比較検討できるため、最安値の保険商品を知りたい方におすすめです。

ただし、各保険会社が発売する自動車保険は名称は似通っていても補償内容が違いますし、一括見積もりでは特約を付帯した金額まで知る事はできません。

そのため、保険料金の安さを第一に考えて契約を結んでしまうと、補償額が十分でなかったり、補償内容に不備があり保険選びに失敗してしまう可能性大です。

一括見積もりサイトの保険料金の結果をだけを判断材料にしないで、補償内容、事故対応の良し悪しなどを含めて総合的に選ぶ事が必要です。

また、一括見積もりサイトの中には代理店や損保会社を経由してメールや郵送で結果報告となる所があるので、個別見積もりと比較すると少し時間がかかる点もネックです。

個別見積もりの特徴

各保険会社の公式ホームページの見積もりから、年齢、グレードの他に、より細かく条件を絞って設定できるので正確な情報を入手できます。

さらに、個別見積もりサイトによってはオプションまで細かく付加できるので、欲しい補償を付けてプラニング結果を得られる点もポイントです。

保険会社によっては「シンプルプラン」、「充実プラン」と補償内容の違いにより商品をランク分けしている所も多く、細かくプラン内容を確認して保険商品を選べるため安心です。

また多くの保険会社がプライベートな情報を入力する必要がないため、後日勧誘の電話が掛かって来たり、膨大な量のメルマガなどが送られ来る心配がありません。

その一方で、単独の会社でしか見積もりができないため不特定多数の保険会社の商品を比較し検討した上で、加入する自動車保険を探したい方には不向きですし、保険料金を重視して保険を選びたい方には不適切なツールです。

ただし、料金だけに絞って自動車保険を選んでしまうと失敗する恐れが高いため、ある程度一括見積もりサイトで保険会社を絞って、その後個別見積もりを行うとあなたに最適な保険商品に巡り逢えるでしょう。

 

一括見積もりを上手に活用するためには

一括見積もりサイトは保険に初めて加入する方、自動車保険に詳しくない方は不適切と思われがちですが、上手に利用するとたった1度のシミュレーションで個別見積もりよりもはるかに膨大な量の情報を効率的に入手できます。

上手に一括見積もりサイトを利用するには、どのような時に利用したらいいのでしょうか、またどんな点に気を付けてシミュレーターを利用したらいいのでしょうか。

こちらの章では、これから自動車保険の一括見積もりをする際に覚えておきたい上手な活用方法について詳しくご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

各保険会社の大まかな保険料目安を知りたい場合

一括見積もりサイトは個別のシミュレーターのように1回ずつ情報を入力する必要がないため、1度条件を設定するだけで複数の保険会社のデーターを確保できます。

「大まかな保険料を知りたい」「どこの保険会社が最も保険料が安いのか知りたい」時には、とても便利なツールと言えますが、そこが落とし穴とも言えるため要注意です!

保険料は確かに最安値であっても補償内容がシンプルなプランがあるため「どうして保険料金が安いのか?」疑問を持つ事が大切です。

一括見積もりサイトだでけ保険会社を決めるのではなくて、数社に的を絞って各保険会社の個別見積もりサイトでダブルチェックをする事で満足度の高い保険商品に加入できることでしょう。

基本的な保険知識を理解してから利用する

一括見積もりサイトは自動車保険の補償内容をしっかり理解できている方にとっては、かなり使い勝手のいい重宝な道具です。

「自動車保険に今回初めて加入するから理解できない?」と思っているあなたも、実は自動車保険の多くは

  • 対人対物補償
  • 人身傷害保険
  • 車両保険

3つの補償を柱に成り立っており、そこにオプションを付ける形なので少し勉強するだけで予想以上に簡単に理解できますよ。

基本的な保険知識を知っているだけで一括見積もりサイトを巧みに使用できますし、ご自身に有効な情報を集められるのです。

例えば、保険料金が安すぎる場合には補償が不十分であるとすぐに読み取れるようになりますし、複数の商品の中からご自身の頭で優良な保険商品を選択できます。

 

一括見積もりはこんな人にオススメ

自動車保険の一括見積もりサイトは保険会社を特定しないで、幅広いラインナップから商品を選べる賢いツールです。

保険商品の中には類似する補償内容のプランなのに、代理店型ダイレクト型ではかなり保険料に差が生じることがあり、時には保険料を無駄に支払っている場合があるのです。

任意保険はいざという時の事故の際に自分と家族を守る大切な補償ですし、ドライバーである限りは長期的に加入するものだけに、できるだけ保険料金を抑えたいですね。

一括見積もりサイトを利用することで、ご自身が知らなかった保険会社や保険商品を含めて幅広くシミュレーションできるから、予想以上に保険料金を節約できるかもしれません。

安い保険商品を知りたいという方にとって大変有効な手段ですので、この機会に利用なさってみてはいかがでしょうか。

ただし、一部の一括見積もりサイト業者の中には個人情報を入力させて、保険とは全く無縁な情報をメールやメルマガにて配信する悪質な業者が存在します。

プライベートな情報を第3者に知られてしまうと、どのような犯罪に使われる分かりませんし、執拗にメールが送られて来て煩わしいものです。

自動車保険見積もりキャンペーンはユーザー達から安心して無料で自動車保険を一括見積もりできると大変好評ですので、ぜひ利用なさってみてください。

オススメの見積もりサイトなど詳しく知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

 

まとめ:自動車保険の一括見積もりをうまく活用しよう

今回の記事では「自動車保険の一括見積もり」についてお話しさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。

おさらいすると、

  • 一括見積もりサイトは様々な保険会社のプランを1回の条件設定で確認できる便利な機能である
  • 配信解除サブアドレスを使用すれば、しつこいメールやメルマガを撃退できる
  • 格安な保険料金の自動車保険を一発で探すことができる
  • 料金の安さだけで選んでしまうと失敗する危険があるため要注意
  • 一括見積もりサイトで保険会社を3,4つに絞り、さらに個別見積もりを行うと安心できる
  • 悪徳業者が存在するので、ユーザー評価数が高いサイトを利用すること

といった内容でした。

人間はいつどのような事故に巻き込まれるか分かりませんし、ちょっとした気の緩みからご自身が加害者になる可能性が誰にでもあります。

そのような不測の事態に遭遇した時に、自分と家族を助けてくれるお守りのような存在が自動車保険なのです。

一括見積もりサイトを利用すれば、いろいろな保険商品を1回でリサーチできますし、多くの自動車保険の中からスムーズに希望に叶う料金プランを探せます。

自動車保険を切り替えることで月に数万円節約できるケースがありますので、ぜひ更新時期が迫っている皆さん、そして新規に加入を予定されているドライバーの方は一括見積もりでシミュレーションしてみてください。

-自動車保険キャンペーン

Copyright© 自動車保険見積もりキャンペーン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.