口コミ・評判

保険金不払いで最悪?|あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の評判と口コミ

あいおいニッセイ自動車保険の口コミは悪いものも

 

 

あいおいニッセイの自動車保険は、大手三井住友海上のグループ会社だけあって「加入しても大丈夫」と思われる方が多いでしょう。

しかし、会社のイメージだけで自動車保険の加入を決めてしまって大丈夫でしょうか?

あいおいニッセイ同和損害保険のコールセンターや事故対応の良さは、不運にも事故に遭われてしまったユーザーでなければ分かりません。

そこで今回はあいおいニッセイ同和損害保険の評判・口コミについて

  • ユーザー達の事故対応、コールセンター、ロードサービスについてのリアルな意見
  • SNS上で見られる不払いの話は本当なのか
  • 自動車保険の補償内容と特徴
  • チューリッヒとあいおいニッセイのどちらがユーザー目線に立ったいい自動車保険であるか

を中心に詳しくお話しさせていただきます。

 

あいおいニッセイの事故対応に関する口コミ・評判

 

あいおいニッセイの事故対応についての口コミを見ていきましょう!

  • 4ヶ月と長期の入院を強いられるほどの大きな事故に巻き込まれてしまいました。車も廃車となりとても悲惨な状態です。仕事柄、プライバシーが徹底している個室での療養が必要でしたが、担当者からいい返事をもらえないため、弁護士経由で個室料金を請求せざるを得ず面倒でした、また、相手との交渉内容についても、私共から連絡をしない限り何の応答もなく、気の休まる日が正直ない状態でした。連絡のルーズさと事故対応の悪さに正直がっかりです。

 

  • 自損事故を起こしてしまい、担当者と電話で応対した時は非常に感じがよく、体調の変化まで細かい気配りがされていると感じました。また、相手の過失責任100%の事故の際は、相手との交渉を有利に進めるテクニックをしっかりアドバイスしてくれて助かりました。自分に過失責任がないのに、直接相手と交渉できないで申し訳ないとまで言ってくださり、とても温かい気持ちになりました。

 

  • 夜間に事故を起こしてしまい、すぐに電話を差し上げました。夜遅くにも関わらずに、コールセンター経由で担当スタッフが連絡をしてくださり助かりました。その後の、事故対応の速さやテキパキとした処理能力も「さすが手慣れているプロ!」と思わせる仕事ぶりで感激です。ただし、1点だけ不満をあげると保険料が安くないので、正直乗り換えを検討中です。保険料がもう少しリーズナブルだったら、このままずっとお付き合いできたのに残念です。

 

  • ちょっとした接触事故だったのでこちらが謝る形で個人的には示談交渉が済んだはずでした。しかし、担当スタッフの対応が遅いためなんと法的な交渉決着までにいは1年もかかってしまい、不満が残ります。直接訪問をして話しを付けるとの話でしたが、担当者は電話で済まそうと思い相手に問い合わせたものの、なかなか双方でうまく連絡が取れず・・・。結局、加入した代理店に入ってもらい催促する形でなんとか話がまとまりました。

 

  • 代車を運転中に事故を起こしてしまい、正直「加入している自動車保険は適用されるのだろうか?」と不安になりました。担当者に連絡したところ、自分の車両以外にも適用OKとのことでほっとしたのを覚えており、不幸中の幸いでした。ただし、その後の示談交渉までがなかなか進まずに、気をもみました!もう少しスピーディーだったら本当にいいのですが・・。

 

  • 事故過失責任100%の事故を起こしてしまい、被害者に迷惑を掛けてしまいました。相手の車の修理や病院費を請求されたのですが、すんなりと保険金が支払われたので一言のクレームも付けずに済んで加入していて良かったと感じています。もちろん、マイカーの修理費用もすぐに降りたので、支払いがきれいな保険会社であることは間違いありません。事故対応がとても早く、お客様第一の姿勢のいい保険会社です。

 

  • 無保険者のドライバーに追突されていしまい、困惑していましたが、全ての事務手続きを担当者が代行してくれたお陰でスムーズに話が付きました。無保険者が加害者となった時の補償が完備されていて、本当に心強い存在です。状況の変化もすぐに電話をくれましたし、必要な書類もスピーディーに郵送してくれたので、事故対応の良さは二重丸で、今後加入を検討されている方におすすめです。

 

  • 他人の敷地内で第3者の車をぶつけてしまい、慌ててしまいました。担当スタッフが今後の話し合いの手順や、車の修理費用、通院費用など補償金について詳しく教えてくれたため安心しました。また、年齢的に保険料がどうしても高くなってしまうのですが、複数のプランをプランニングしてくれたお陰で安く補償内容が充実してプランに加入できています。

 

  • 免許を取り立ての頃にあいおいニッセイ同和損害保険の自動車保険ユーザーに車をぶつけられてしまいました。どうみても相手8、私自身は2の過失割合が妥当だと思ったですが、保険担当者から「4割の自己過失責任を認めないことには補償金は支払えない」と半ば脅かされて、結局妥協しました。未だに悔しいですし、自分では絶対にあいおいニッセイの保険には加入したくないです。

 

  • 相手の車と接触事故を起こしてしまい、気が気ではなかったです。加害者になってはじめて分かったのですが、人って気が動転すると慌ててしまい冷静な判断ができないものですね。しかし、そんな時に被害者との交渉を代行してくれるから本当助かります!相手が絡む事故だからこそ、対応がいいあいおいニッセイ同和損害保険に入っていて良かったと思えました。

 

  • カーポートにうっかり車をぶつけてしまって、電話をしたのですがとにかくルーズです!同じ製品が廃盤になってしまい、入手が難しかったのも時間が掛かった理由だそうですが、それにしても遅すぎると感じました。しかも、こちらから催促の電話をしないと、現在の進捗状況などの連絡が一切ないため、大きな事故の加害者に万が一なってしまったらと考えると、内心恐ろしいです。

 

  • 事故を起こした後は頻繁に連絡がありましたが、次第に同じ内容を繰り返し質問されたり、担当者の配置替えなどで正直不安でした。また、全く関係ない病院の情報まで聞かされたりで結局何を私に伝えたかったのか、未だに分かりません。私が指摘した相手との過失責任ついても、その後一切触れることがなく、結局どのように話し合いが付いたのか。事故の当事者の私も良くは分かっていません。

 

あいおいニッセイのロードサービスに関する口コミ・評判

 

  • 道路に落下物が落ちていることを知らないままに走行してしまい、タイヤのバーストとガソリンタンクの破損で廃車になってしまいました。すぐにロードサービスをお願いしたところ、スピーディーにレッカー移動をしてくれましたし、代車の手配もスムーズだったので逆にびっくりしました。仕事の都合上、車は毎日の生活に欠かせませんが、新車が届くまで長期的にレンタカーを利用できて感謝です。

 

  • バッテリーが突然上がってしまい、走行不能な状態になってしまいました。夜間ということもあってロードサービスに時間が掛かるのではと心配していましたが、深夜だったにも関わらずに1時間以内に担当者が駆けつけてくれて感激しました。整備士の作業も素早く、手慣れており大切な車を任せても安心できる心強い存在です。大満足です!

 

  • しばらくぶりに車のエンジンをかけたところ、全くうんともすんとも反応がないためロードサービスを要請しました。すぐに来てくれて、緊急で修理をしてくれたお陰で無事に外出することができ、ほっとしました。正直、自動車保険に加入していても車のヘビーユーザーではないので「無駄かな」と感じていましたが、こういうトラブルがあるとやっぱり入っていて良かったと思いますね。

 

  • 出先での突然のタイヤのパンクで、取引先との商談の時間も差し迫っており正直焦りました。もしロードサービスがなかった修理キットを使用し自分でメンテナンスをしなければならない状況でしたが、スタッフのお陰で一時的な処置を行えました。後日、修理会社に持って行くと、修理キットでは絶対無理な大きなバーストだったとのこと。あの時ロードサービスにお願いしなかったら、危うく事故につながっていたかもしれないだけに感謝です。

 

  • 自宅から僅か50kimの距離でセルメーターが故障して、エンジンが停止し走行ができなくなりました。時間が夜の10時過ぎとあって当日中のロードサービスは無理かなと思っていたのですが、すぐに来て修理をしてくれたお陰で無事にエンジンがかかりました。整備担当のスタッフの感じもいいですし、説明も分かりやすく頼んで良かったと大満足しています。

 

あいおいニッセイのコールセンターに関する口コミ・評判

 

  • 免許取り立ての若葉マーク時代に相手が絡む自動車事故を起こしてしまいました。ドライバー歴も短いですし、もちろん初めて経験する事故とあって不安だらけでしたが「私どもにお任せください!」のきっぱりとした口調に頼もしさを感じました。年間の保険料自体は決して安くありませんが、いざという時に備えて安心感をお金で支払うと思えば、決して高くないのではと考えています。

 

  • 大型連休中によりによって高速道路のサービスエリアで事故の加害者になってしまいました。頭はパニック状態で冷静な判断ができない状況だと気付いたのでしょう。コールセンタースタッフが優位に立って、的確にテキパキと今やらなければいけないことを指示してくれたお陰で、スムーズに進みました。私の体の怪我にまで肺力してくれて、優しく感じのいい対応に申し分がありません。

 

  • コールセンターの電話対応スタッフの社員教育が、さすが大手保険会社だけあって行き届いていると感じました。細かい状況確認から、警察や救急車の要請といった今やるべき手続きを教えてくれるから、ほぼ完璧な判断ができて感謝です。コールセンターは損保会社の顔と言っても過言ではない存在だけに、冷静さとハキハキとした態度のオペーレーターが対応してくれると心強いですよね。

 

SNSには不払いがあったとの口コミも

 

 

残念ながら、Twitterの書き込みにあるようにSNS上で「あいおいニッセイの自動車保険の不払い」が取り上げられています。

保険料をはらっていながら、このような不当な対応があると加入をためらざわるを得ません。

しかし、「保険料の払いが早くて助かった!」等のツイート情報の方がはるかに多いですし、当事者ではないため状況を正確に判断できないのでなんとも言えない部分です。

自動車保険に限らず、どのジャンルの保険商品も約款が細かく規定されていますので、もしかするとユーザーの確認ミスというケースも否定できませんね。

仮に、ご自身があいおいニッセイ同和損害保険のユーザーで支払い請求額の額面に不満を感じた時は、早急に担当者に連絡して詳しい内訳を確認なさってください。

 

あいおいニッセイ自動車保険の特徴

 

各保険会社が多種多様な自動車保険を発売しているため、いざ加入すると選択に悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そのような時に、あいおいニッセイは販売する自動車保険の特徴をあらかじめて知っていれば、他社の商品と比較検討してスピーディーに選べますね。

そこで、あいおいニッセイの自動車保険の特徴について詳しく見ていきましょう!

 

特徴①:多くの自動車保険から最適なものを選べる

 

あいおいニッセイで扱う自動車保険は、

  • タフ・クルマの保険
  • タフ・見守るクルマの保険プラス
  • タフ・見守るクルマの保険(ドラレコ型)
  • タフ・見守るクルマの保険(スマホ型)
  • タフ・つながるクルマの保険
  • ワンデーサポーター
  • はじめてのクルマの保険
  • セーフティーツーリング
  • ドライバー保険
  • 自賠責保険

全10種類のプランが販売されていて、ライフスタイルに合わせて選びやすいのが特徴的です。

ご自身のスタイルに合ったプランをうまく見つけて加入することで、保険料を抑えながら必要な補償も確保されて一石二鳥ですね。

中でもユーザー加入数が多い商品が「タフクルマの保険」「初めてのクルマの保険」ですので、今回はこの2つに絞ってお話しします。

 

はじめてのクルマの保険

 

「はじめてのクルマの保険」はその商品名の通りに、免許を取り立てのドライバー歴が浅い方に適したプランです。

加入している中心世代は20代となっていて、通学や通勤の足として車を使われる方が契約なさっています。

自動車事故はドライバー歴が長いほど低くなる傾向にあるため、まだ運転年数がさほどない初心者ドライバーだと交通事故を起こすリスクが高く、万が一に備えて補償が十分に整っている自動車保険に加入することが大切です。

その点、「はじめてのクルマの保険」は対人が無制限ですし、ご自身や搭乗者の保障まで充実している優れた保険商品です。

ただし、車両保険は任意加入となるため車の修理費や新車購入費用を預貯金で確保するのが難しい方は、加入しておくと万全の備えができて憂いなくドライブを楽しめますね。

365日24時間体制でサポートしてもらえますし、エンジントラブルなどの車両の不具合についても1年を通して時間を選ばないでロードアシストを利用できるから深夜の車のトラブル時も安心です。

シンプルな補償内容なので、自動車保険にはじめて加入される方でも理解しやすいという点も特徴的です。

 

タフ・クルマの保険

 

あいおいニッセイの主力商品「タフ・クルマの保険」は「はじめてのクルマの保険」と同様に、相手とご自身の怪我に備えられる賢い保険商品です。

万が一あなたが加害者になってしまった時に、自賠責保険の限度額を超える損害補償を保険でカバーするために対人を「無制限」にしておくと、高額な賠償金の支払いにもしっかり対応できます。

基本的に相手との交渉は、事故交渉に手慣れたあいおいニッセイのスタッフが対応してくれるから示談交渉が円満に進みやすく、そう長引かずになんらかの解決策が見つかって大変心強いです。

ただし、車の補償については契約者様の判断に基づく任意加入となっており、プラスアルファで契約をしておくべきか判断に迷うものです。

確かに、車両保険を付けると保険料がアップしますが、事故による車の損失を補填できる以外に洪水、高潮、竜巻といった天変地異、盗難やいたずらといった故意的な損害をカバー可能なので入っていると安心です。

「タフ・クルマの保険」のユーザーになれば、365日24時間体制で事故や車の故障に対応してもらえますし、レッカー移動や代車といったロードサービスをいつでも利用できます。

 

特徴②:対歩行者等傷害特約が付いている(タフ・クルマの保険)

 

「タフ・クルマの保険」の他社にない最大のウリは「対歩行者等傷害特約」が付帯している点です。

一般的な自動車保険ですと、契約車両で歩行者や自転車を轢いてしまった時は自分の過失責任の分だけ自賠責保険と任意保険でカバーされる仕組みです。

しかし、実際は過失責任の割合で当事者間でも揉めるケースが多々あり、裁判所での調停和解、さらには裁判沙汰になることさえあるため、時には話し合いが長期戦にもつれこんでしまいます。

「対歩行者傷害特約等」は相手の過失分をこちらの特約で補填できるため、相手方も交渉にスムーズに応じてくれやすく、短期間で円満解決を望める素晴らしい特約なのです。

しかも、こちらは「タフ・クルマの保険」ユーザーになると自動で付帯されるから、オプション分の保険料が追加されることもなく、契約者のお財布にも優しいです。

 

あいおいニッセイ自動車保険の補償内容

 

あいおいニッセイの主力保険商品である「タフ・クルマ」の保険とは、具体的にどのような補償内容になっているのでしょうか?

確かに、ユーザー達の評判も加入する上では参考になりますが、口コミ評価だけを判断基準にして契約してしまうと自分に必要な補償が不十分だったといった失敗に繋がりかねません。

車を利用している限りはいつ事故に巻き込まれるか分からないだけに、しっかり補償内容を確認してから加入を検討しましょう!

 

相手への賠償(対人・対物)

 

「タフ・クルマの保険」は「対人・対物賠償」が基本補償として完備されているため、万が一自分が起こした事故で相手を死傷させてしまった時にしっかり備えられます。

ただし、事故の程度によって負傷や車の損傷程度が異なりますし、場合によっては数億円という高額な賠償金を請求されるこも考えておかなくてはなりませんから、対人賠償の限度額は「無制限」、対物賠償の免責設定は「なし」に設定しておきましょう。

また、余所の保険商品にはない「対歩行者等傷害特約」が付いているから、明らかに相手側に過失責任がある補償額まで保険で賄うことができてスムーズに示談交渉を進めやすい点が特徴的です。

さらに、相手の車の修理費が万が一時価評価額を超えてしまった場合には、1事故に付き1台までは50万円まで支払われるため修理費用の不足分を請求された時も安心できますね。

突然の事故で冷静な判断がしにくい場合も、あなたに代わって交渉実績が高いプロが代理で行ってくれるから早期になんらかの解決の糸口が見つかりやす点もポイントです。

 

自身の怪我の補償

 

車の事故は相手だけではなく、ドライバーご自身そして一緒に搭乗していた方達も負傷してしまいますし、時には命の危険さえあります。

「タフ・クルマの保険」でしたら加入と共に、人身傷害特約が自動で付いてくるのでご自身及び搭乗者の死傷にもしっかり備えられます。

病院での治療、通院費が支給される他に、休職した際の収入の補償、そして精神的なケア料も支払われるため事故による損失を経済的にも精神的にもまかなえます。

ただし、一方で契約する時に十分な補償額を設定しておかないと、亡くなってしまった時や後遺障害の認定をされた時の補償が不十分という可能性があります。

ケースバイケースでは死亡事故で1億円、後遺障害で2億円という損害額が報告されているだけに、年代や社会的な役割に見合った金額を設定しておくことが大切です。

また、特約として「入院・後遺障害時における人身傷害特約」を選択可能で、差額ベット代やヘルパー看護代、リハビリ訓練費用等に当てることができます。

 

クルマの補償・ロードサービス

 

「タフ・クルマ」の保険では「車両保険は」任意加入となっていて、車の運転に不安がある方、ペパードライバーの方は特に付帯しておくことをおすすめします。

車両保険と聞くと事故時のみの支給と思われがちですが、

  • 相手が分からない当て逃げ
  • 火災や爆発事故による車の損傷
  • 盗難
  • 台風、竜巻、洪水、高潮といった災害
  • 落書きやいたずら
  • 窓ガラスの破損
  • 歩行者や自転車との接触事故
  • 地震、噴火、津波
  • 墜落及び転覆

と入っていると幅広くカバーされる優れた補償内容ですから、付帯しておくと心強いですね。

また、「タフ・クルマの保険」はロードサービスのサポートがユーザー達から高い評価を得ていますが、こちらのサービスは契約者であれば365日24時間いつでも利用できるため予測不可能な車の急なトラブル時にしっかり対応してもらええます。

ロードサービスの具体的な内容は、

  • レッカー移動・搬送など
  • クイック修理(バッテリーあがり、パンクなど)
  • 宿泊費用(1名1万5千円が上限額)
  • 修理後の搬送費用(1回約15万円)
  • 帰宅・移動費用(1名2万円が上限額)
  • 修理後の引き取り費用(1回15万円が限度額)
  • 代車サービス

となっています。

 

その他・特約

 

対人・対物賠償補償、人身傷害補償、車両補償の他にもいくつかの自動セットプランとオプションメニューがありますので、加入の際の判断材料として一緒に見ていきましょう!

  • 他者運転特約(自動セット)

被保険者とその家族が他人名義の車を運転していて起こした事故についても、契約中の自動車保険の補償がそのまま適用されます。

 

  • 弁護士費用特約

弁護士費用特約は、「自家用車事故型」「自家用車事故型・日常生活事故型」の2つが用意されていますが、前者を選択してしまうと日常生活で起こした事故については適用されないため、後者を選んだ方がいいです。

万が一、あなたが事故によって不当な保険金支払いを命じられた時に弁護士が代理で話し合いをしてくれますし、裁判時のサポートもお願いできる心強い特約です。

 

  • 日常生活賠償特約

第3者の持ち物を損傷させてしまった、なんらかの理由で電車を止めてしまい社会的な損失の賠償を命じられた時に適用可能です。

 

  • 車内外身の回り品特約

契約車両の事故によって持ち物に損失が生じた場合、1事故に付き30万円を限度に請求できます。

 

  • ファミリーバイク特約(人身傷害型特約or自損・無保険者傷害特約)

被保険者やその家族でバイクを使用される方がいる場合には、任意でオプションを選んで付けられます。

「人身傷害型特約」または「自損・無保険者傷害特約」の2コースが用意されていますが、後者ですと相手が絡む事故までは補償されないため、対人補償をお望みの際は「人身傷害型特約」のプランを選びましょう。

 

あいおいニッセイのランキングを紹介

 

数ある保険商品の中で、果たしてあいおいニッセイのランキングは何位にランクインしているのでしょうか。

各自動車保険契約者達の顧客満足度がダイレクトに反映されている「価格ドットコム」のランキング表を早速見ていきましょう!

 

<価格ドットコム事故対応満足度ランキング>

ランキング順位 保険会社名
1位 AIG損保
2位 三井住友海上保険
3位 ソニー損害保険
4位 損保ジャパン
5位 日新火災海上保険
6位 東京海上日動火災保険
7位 楽天損保
8位 あいおいニッセイ同和損害保険

あいおいニッセイ同和損害保険は残念ながら8位と、ランキング5以内には入っていません。

しかし、ユーザー達の口コミでは

  • 相手との交渉に入ってくれて直接やりとりせずに済んで本当に助かりました。交渉の一部始終を逐一教えてくれて細かい配慮に感服しましたし、相手から直接クレームが来ることもなく満蔵しています。全面的には早期解決だったと感じられます。
  • 事故対応は全て担当者に一任してしまったが、随時細かく連絡が入るので安心できた。解決までそれほど時間がかからずにあっという間でした。

との意見が見られます。

また、「対歩行者等傷害特約」が完備されていたりなど、補償内容的に見ても上位7社に遜色ありませんから、ぜひ選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしょうか。

【AIG損保の口コミと評判】交渉に4カ月待たされた|自動車保険のクレーム・苦情は多い?

 

あいおいニッセイとチューリッヒを比較

 

補償内容・ロードサービスなど表を用いて比べてください。

「♪ハローチューリッヒ」でおなじみの「チューリッヒ損保」はダイレクト型の保険とあって、格安な保険料と補償プランの充実度で加入者が年々増えている保険商品です。

そこで、あいおいニッセイとチューリッヒの自動車保険の補償内容とロードサービスの内容を表形式で比較検討してみましょう!

 

<補償内容>

あいおいニッセイ チューリッヒ
対人・対物賠償(自動セット)、対歩行者等傷害特約(自動セット) 対人・対物賠償(基本補償)、対物超過特約(基本補償)
人身傷害保険(自動セット)、入院・後遺障害時における人身傷害諸費用特約、傷害一時金特約、交通事故特約、犯罪被害事故特約 搭乗者傷害保険(基本補償)、人身傷害保険(基本補償)、人身傷害(搭乗中のみ)補償、無保険車傷害特約(基本補償)
車両保険、車両原価協定特約、全損時諸費用特約、車両保険無過失事故特約、新車特約、車両超過費用特約、地震・火災・津波「車両全損時定額払」特約、ハートフルリサイクル 車両保険、車内身の回り品特約、代車提供特約、免責ゼロ特約、地震などによる全損時一時金特約
他者運転特約、弁護士費用、日常生活賠償特約、車内外身の回り品特約、ファミリーバイク特約 傷害特約、原付特約、弁護士費用特約、個人賠償責任補償特約、ファミリーケア特別見舞金特約、地震などによる死亡一時金特約、他者運転時の補償について

 

<ロードサービス>

あいおいニッセイ チューリッヒ
レッカー牽引、搬送(1回の事故に付き30万円) レッカー100kmまで無料
クイック修理サービス(ジャンピング、スペアタイヤ交換、キー閉じ込め、盗難、キーの紛失、その他に30分以内の現場での応急処置 カートラブルクイックサービス(ジャンピング、スペアタイヤ交換、キー閉じ込め、盗難、キーの紛失、オイル漏れ、ガス欠、ボルト締め、冷却水の補充、オイル漏れ、サイドブレーキ固着など)
臨時宿泊費用保険金(1名15,000円) 宿泊費用限度額なし、ペットケアサポート、旅行のキャンセル費用
帰宅、移動費用(1名20,000円) 帰宅費用限度額なし
修理後搬送費用保険金(1回15万円)
修理後引き取り費用保険金(1回15万円)
代車 レンターカー24時間無料

 

あいおいニッセイ、チューリッヒ共にそれぞれの強みがあることが分かりますし、なんと言ってもチューリッヒのロードサービスの充実具合が目立ちます。

ただし、日常的に起こり得る自動車事故に備えることが自動車保険の最大の目的ですから、両者をよく比較検討した上で加入を検討なさってください。

【評判・口コミ一覧】チューリッヒの事故対応は悪い?ネット専用自動車保険ってどうなの?

 

まとめ:あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の評判と口コミ

 

今回の記事ではあいおいニッセイ同和損保の自動車保険の評判と口コミについてお話ししました。

参考までにおさらいすると、

  • 事故対応が遅いとの口コミ評価が確かに少し多めである
  • コールセンターやロードサービスの対応は一貫して素晴らしいとの口コミが多数を占めていて、顧客満足度が高いと言える
  • 価格ドットコムのランキング順位では8位だが、補償内容は他社と遜色ない内容である
  • 10のプランから保険商品を選ぶことができて、ライフスタイルにぴったりな補償に加入しやすい
  • 主力商品「タフ・クルマの保険」は対歩行者等傷害特約付きが特徴的

という内容になっています。

確かに、事故対応では少々評判が劣る部分がありますし、中には保険金の不払いといったツイッター情報も見られて加入をためらう方もいるでしょう。

しかし、実際に事故に遭遇した時の対応の良し悪しはいちユーザーの主観的な意見に過ぎませんし、実際に「事故対応が高い」との評価も複数見られます。

口コミ評価だけで判断せずにご自身でしっかりと補償内容を確認して加入することが重要ですし、保険料の安さに誘惑されて契約を結ぶことも避けてご自身に最適な自動車保険を選んでください。

 

-口コミ・評判

Copyright© 自動車保険見積もりキャンペーン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.