口コミ・評判

【SNSの評判】三井ダイレクト損保の自動車保険は最悪との口コミが

三井ダイレクト損保は安かろう悪かろう?

車を利用している限り、自動車事故とは隣合わせですし、ケースバイケースでは死亡につながるような大きな事故に遭遇した時のことも考えておかなくなてはなりません。

しかし、条件によっては年間に10万円近い保険料を支払わなければいけず、頭の痛い部分です。

そんなドライバーのみなさんから「保険料が安くて大きな保障を得られる」と今注目されているのが、三井ダイレクト損保の商品です。

三井ダイレクト損保と加入希望者が直接契約手続きを済ませるため、中間マージンがかからず、各保険会社と互角の内容のプランに安く入れるのです。

国内大手の損保会社の商品にリーズナブルな保険料で加入できることから、若い世代からシニア層まで幅広く契約数が増加しています。

しかし、いざ事故に遭った時に「担当者の対応が遅く不安になった」、「事務的な対応に過ぎなかった」など様々な悪い評判もよくTwitterや2chで見かけます。

非日常的な自動車事故だからこそ、いざという時のサービスが悪いと心細いですし、相手との交渉にもなんらかの影響を及びしかねません。

そこで、今回の記事では

  • 三井ダイレクトの評判の良し悪し
  • 三井ダイレクトの損保商品の特徴
  • 三井ダイレクトの補償内容

を中心に詳しくお話しさせていただきます。

こちらの記事を参考にすることで、「本当に三井ダイレクト損保の商品は安かろう悪かろうであるのか?」をご自身で確認して、納得した上で加入できます。

 

三井ダイレクトの事故対応・顧客対応に関する口コミ

 

三井ダイレクト損保は「事故対応、顧客対応が悪い」といった口コミがSNS内でも目立ちます。

事故に遭った時に適切なサポートを受けられるのか、スピーディーに対応してくれるのか、三井ダイレクト損保の商品へ加入する際に気になりますね。

そこで、三井ダイレクト損保を利用している、ドライバーのみなさんの率直な評価を見ていきましょう。

(内容を一部編集しております。みなさまのお声をできる限り掲載したく、何卒ご了承ください。)

 

  • 他人の車をぶつけてしまって初めてのことだけに不安でしたが、私に代わって担当者が相手と交渉してくれて助かりました。保険金の払いも迅速で、安心できる保険会社です。

 

  • 突然、車が動かなくなりにっちもさっちも行かない状態で参りました。でも、三井ダイレクト損保は一定エリア内なら無料のロードサービスを受けられるから安心!対応者の感じもいいし、テキパキとしていて入って本当に良かったです。

 

  • 事故を起こしてパニック状態でしたが、オペレーターの感じがいいし親切で心強かったです。ただ、事故対応スタッフの連絡が遅れがちで、こちらが急かして話し合いを進める場面が何度かありました。

 

  • 初めての物損事故で不安でいっぱいでしたが、今私がしなければいけない警察への通知や事故車の運搬手続きなどの的確なアドバイスが良かったです。ただ、電話の回数が過度に多いように感じられて正直げんなりしましたが、対応面で満足度二重丸です。

 

  • 大怪我をするような自損事故を起こし、三井ダイレクト損保に電話をかけたのですが、折り返しの電話がなかなか来ないので正直ドキドキしました。もう少し、連絡は早ければ安心できたと思います。ただし、その後の事故対応は良かったですし、細かい部分まで配慮をしてくれて感じが良かったです。

 

  • 三井ダイレクト最悪です!相手に全面的な過失があり、そのことを当事者本人も認めているのに私の担当したスタッフが交渉が下手だったため、過失責任が9対1に・・・。契約更新なんて考えられません!

 

  • 何回か事故を起こして三井ダイレクト損保のお世話になっています。毎回、とても対応が素早く、レッカー移動などの手続きの仕方などいろいろな面で助かっています。

 

  • 事故を起こしてしまった時に相手から裁判申し立ての通知が来て、驚きました!しかし、スムーズに手配をしてくれたおかげで大事にならずに円満解決できてホッとしています。契約年数が一定を超えると保険料が毎年安くなりますし、別途料金を支払うことでオプションを付けられて満足しています。

 

  • 高速道路走行中に対向車の跳ね石が原因でフロントガラスが破損したのですが、コールセンターの対応が素晴らしかったです。

 

  • 人里離れた山間部で車内にキーを置き忘れたままロックしてしまい途方に暮れてました。そんな時に加入している三井ダイレクト損保のロードサービスを無料で使えることを思いだして、依頼を頼むと市街地に関わらずに20分で来てもらえて本当大助かりです。ロードサービスが手厚いから万が一のトラブル時に安心ですよ。

 

  • パンクとバッテリー上がりでお世話になりましたが、ロードサービスが丁寧で好感が持てます。三井ダイレクト損保に入っていれば、憂いなくドライブを満喫できそうです。

 

  • 対応は正直、どこの保険会社ともそう変わらないかなという印象です。今はもっと安い保険料の会社の商品に加入しています。

 

こうして三井ダイレクト損保の評判をまとめてみると、確かに対応の悪さもチラホラ見られますが、サービスがいいという評価が大半を占めていることが分かりますね、

担当なったスタッフのキャリア歴やあなたとの相性があるだけに、一概に「三井ダイレクト=悪い」ということではなさそうです。

 

三井ダイレクト損保の補償内容に関する口コミ

 

 

三井ダイレクト損保は、各保険会社よりも断然保険料が安いことで知られています。

しかし、いくら保険料の負担を抑えられても事故の時に十分な保障を受けられないと困ってしまいますね。

そこで、三井ダイレクト損保の保障内容についての口コミ情報をまとめましたので参考になさってください。

(内容を一部編集しております。みなさまのお声をできる限り掲載したく、何卒ご了承ください。)

  • 三井ダイレクト損保と契約すると、誰でもロードサービスを無料で受けらるうえ、ロードサービスの拠点が国内に3200箇所もあるから安心!
  • 一般的に走行距離が多いと保険料が高くなるが、三井損保ダイレクトは保険料が割安なので車を乗る機会が多い方におすすめです。
  • 多種多様な割引が揃っていて、適用条件が多い方ほどより一層保険料を安く抑えられますよ
  • 予算や欲しい補償内容に合わせて自由にオーダー設計できる所が魅力的です。追加オプションで自転車保険まで加入可能で、保険会社を1本に絞ることができました。
  • コストパフォーマンスが良く、しかも大手損保会社と遜色ないプランなので気に入ってます。
  • ネットで様々な手続きを行えて、加入更新の手続きがとても楽です。
  • 他社と比較した時に保険料がそれほど安いとは思えない、さらなる企業努力をして保険料の低料金化を目指して欲しい。
  • 他の保険会社より断トツで安いうえ、ロードサービス、アフターサービスが充実していて申し分がないです。
  • 以前加入していた保険会社よりもグーンと保険料をダウンでき、しかも保障内容もほぼ同等で今のところ問題はない。
  • ライフスタイルに合ったプランを選びやすくおすすめ!
  • 対人対物が無制限だから事故を起こしてしまった時に万全の備えができて安心。
  • 運転のキャリアではなく、契約年数で割引を受けられる部分が経験の浅いドライバーには嬉しい部分です。

三井ダイレクト損保に入って良かったという数多くの評判が見られますね。

やはり多くの方がSNSや2chでコメントしているように、

  • 格安な支払い保険料
  • 他の大手損保会社に引けを取らない保障内容
  • ネットで便利に加入や更新の手続きができて煩わしさがない
  • オプションのサービスが充実している

といった点が、三井ダイレクト損保が人気の理由と言えます。

 

三井ダイレクトの特徴

 

ここからは三井ダイレクトの特徴についてまとめていきます。

自動車保険は種類がおおくてどの会社の保険を選べばいいか分からないといった方は必見です!

 

特徴①:とにかく安い保険料

 

三井ダイレクト損保の契約者の大半が、「とにかく保険料が安くて驚いた」と言っています。

各会社の契約者の諸条件により保険料は異なりますが、ほぼどのクラスの条件の方もまるで口波を揃えたかのように「低料金」を加入した一番の理由に挙げているほどです。

しかも、運転免許を取ってからまだドライバー経験が浅い方も、1年間の走行距離がズバ抜けて多い方も、契約年数に比例して保険料が安くなる三井ダイレクト損保なら他社に比べてかなり保険料を節約できる可能性が高いです。

そこで、今回三井ダイレクト同じようにネット保険会社のソニー保険と保険料金について比較検討してみました。

 

<ドライバー30歳、ゴールド免許、15等級、本人と配偶者、走行距離5,000km>

保険会社名 保険料負担額
三井ダイレクト損保 19.890円
ソニー損保 21,760円

それほど大きく保険料が変わったようには感じられませんが、1年間に2千円の開きがあり、5年で1万円、10年で換算すると2万円になります。

ただし、ソニー損保も保険料金が格安なことで知られているので、実店舗を持つ東京海上などと比較すればより大きな差が生じるはずです。

なぜならば、三井ダイレクト損保のように「ダイレクト型」の保険会社は、代理店などの仲介サービスを挟まずに契約希望者、または既存契約者と直接やりとりをするため中間マージンがかからないためです。

しかも、対面せずにインターネットや郵送で手続きを済ませられるので、アドバイザーに契約を押し付けられる心配がなく、しっかり自分で考えてから加入を検討できると人気です。

 

特徴②:嬉しいオリジナル特典が付いてくる

 

三井ダイレクト保険に加入すると、嬉しいオリジナル特典が複数付いて来ますよ。

契約者であれば、厳しい条件なしでどなたでも利用できますから、お出かけ、日常生活、ドライブとあらゆるシーンに活用できてお得です。

どのような特典があるのか、より詳しく見ていきましょう!

  • 国内のホテルや旅館がお得・・・話題のおしゃれな「星野リゾート」をはじめとするおよそ2万件の宿、及びパッケージツアー、チケットなどで会員ならではの優待を受けられます
  • グルメ・レストランがお得・・・飲食の費用の割引サービスの他に、無料配布件もあります
  • レジャー日帰り湯がお得・・・人気のレジャースポットや日帰り温泉が無料や半額で利用できることも
  • 緊急かけつけサービス110番・・・生活の中の困り事に最適な業者を選んでくれて、しかも利用料金の15%がキャッシュバックされるお得なシステム
  • スマホで医療相談!・・・体調を崩しやすい妊婦さん、小さなお子さんのための健康サポートサービスで何度でも繰り返し利用可能

のような便利でお得な会員限定サービスが全12コース揃っています。

このようなサービスを必要な時に受けられると、暮らしがより豊かになりますし、急を要する困りごとの際もスピーディーに解決策を見つけられますね。

 

特徴③:三井ダイレクト損保クラブオフを利用できる

 

三井ダイレクト損保に加入して受けられるサービスは、オリジナル特典だけでありません。

なんと、さらに「三井ダイレクト損保クラブオフ」も利用可能で、国内外で20万カ所のグルメ、レジャー、宿泊施設が割引き対象になっています。

その他にも以下の施設が「三井ダイレクト損保クラブオフ」で利用可能です。

  • 国内外の宿泊施設
  • 映画チケット
  • 娯楽施設
  • スポーツ施設
  • ショッピング
  • レストラン
  • レンタカーなど

中には、家族4人で箱根までドライブをした時に実質1万円以上も料金が安くなるプランも用意されていて、「三井ダイレクト損保クラブオフ」をうまく利用することで家族や恋人とアクティブな日々を過ごせそうですね、

しかも、「三井ダイレクト損保クラブオフ」を利用した97.3%以上の人が「今後も利用したい!」とこちらのサービスを高く評価しています。

ぜひ、三井ダイレクト損保に加入なさった時は契約者の特権を活かして、多種多様なシーンで利用なさってみてください。

 

 

特徴④:毎月第3水曜日にギフトがもらえる

 

三井ダイレクト損保自動車保険の契約者になると、毎月第3水曜日に会員限定のお得なキャペーンの抽選会に参加できます。

例えば、コンビニコーヒーを1杯無料で飲めたり、ギフト券が当たってハーゲンダッツやミスタードーナツといったスイーツをお得にいただけます。

三井ダイレクト損保の日の参加条件は、

  • 契約者のみなさん
  • メルマガ登録者
  • クラブオフ登録者

です。

「三井ダイレクト損保の日」の参加方法は、『マイホームページ』から「三井ダイレクトクラブオフ」に登録をして「三井ダイレクト損保の日」への参加を申し込むだけととても簡単!

その場ですぐに当選結果を確認できるから、当たったらクーポンをコピーして利用するだけです。

ただ、エントリーするだけでおいしいキャンペーンに参加して、いろいろな特典をもらえる素晴らしいサービスですから、契約者のみなさんはぜひ利用なさってみてくださいね。

【2020年キャンペーン】自動車保険の見積もりで貰えるプレゼント特典比較

 

三井ダイレクト損保自動車保険の補償内容

 

いくら他社の保険商品と比較した時に保険料が安いと言っても、内容に不備があってはいざという時に心配ですね。

死亡事故後遺障害を残すような事故も想定して、「三井ダイレクト損保自動車保険に加入するのが妥当であるか?」判断しないといけません。

そこで、漠然と加入を検討中のみなさんのために、

  • 対人賠償保険
  • 自分のための障害保険
  • 車両保険
  • オプション(ロードサービスなど)

について1つずつ内容を見ていきましょう。

 

相手方への賠償

 

相手方へ補償を保険業界では「対人賠償保険」と呼びます。

あなたやご家族が起こした事故によって、

  • 第3者が死亡してしまった
  • 一生残るような重い障害(後遺障害)を負わせてしまった
  • 傷の程度に関わらずに相手になんらかの怪我をさせた

時のことを想定した補償内容です。

三井ダイレクト損保の公式ホームページ上では「他人を死傷させてしまい、損害賠償責任を負担する場合」に適用されるとの趣旨が記載されていて、限度額は「無制限」になっています。

また、この他に交渉がこじれてしまい裁判での調停、和解にかかった時に発生する

  • 弁護士費用
  • 訴訟費用
  • 仲裁・和解などにかかった諸経費

も別途枠で支払われます。

無制限で補償を受けられるため、万がお相手が亡くなった時に発生する高額な賠償金に補填できますし、裁判に発展した時の費用もトータルで支払われるのでとても心強いですね。

 

自身の怪我の補償

 

ご自身や家族が運転する車に搭乗していた時に、死亡事故で命を亡くした、または程度の大小に関係なく傷を負った時のための保険を「人身障害保険」と呼びます。

死亡補償金、怪我をした時の治療費を受けられる他に、仕事や主婦業のパフォーマンスが低下した損益分、さらに精神的な慰謝料までトータルで支払われます。

三井ダイレクト損保の公式ホームページには「契約者及びご家族が自動車事故に遭い死傷した時の実質的な損害を補償する」と規定されています。

保険金額は家族構成や、年収、年齢によって3千万円から1億円の範囲内で自由に設定できるため、過度な賠償金をかけて保険料の負担が重くなる心配がない点が魅力です。

また、預貯金などの十分な蓄えがあるから「人身障害保険」は必要ないというご家庭は、非セットを選択可能です。

 

車の補償

 

ご自身の車が事故によって、一部損傷した時や全損してしまった場合に受けらる補償を「車両保険」といいます。

車両保険は任意加入のため、保険に加入したからと言って必ずもセットする必要はなく、任意加入するかどうかはあなたの自由ですし、当然セットにするとその分保険料金がアップします。

ただし、自動車事故に遭えばほぼ車が損傷する可能性が高いですし、最悪な事態では購入して間もない愛車が全損に近い状態になってしまうことも考えなくてはいけません。

新車だからと購入費用全額が出ることがないのがネックですが、減価償却費に基づいて保険金が支払われるため修理や次回の購入費に補填が効きます。

三井ダイレクト損保の車両保険は、カバーが範囲が広い「一般」と局所的な原因に的を絞った「限定」のいずれか2つの中から選択可能です。

 

特約・ロードサービス

 

三井ダイレク損保自動車保険を契約なさっている方達から評判がいいのが、「ロードサービス」です。

車を運転していると、突然のバッテリーの不調、パンクのバーストとなんらかのトラブルがつきものです。

このようなトラブルの時も三井ダイレクト損保なら「ロードサービス」付きだから安心!

緊急の車両トラブルにもしっかり対応してくれますし、レッカーサービスも利用できて故障時もスピーディーに修理工場へ無料(距離制限あり)で運んでもらえます。

その他に、以下のような特約を自由にセレクトして付帯できます。

  • 弁護士補償費用特約
  • ファミリー傷害特約
  • 被害者救済費用特約
  • 年齢条件設定と運転者の範囲に関する特約

 

補足:自転車保険・バイク保険の取り扱いについて

 

自動車による事故が重要視されがちですが、自転車事故やバイク事故による死者は年々増加傾向にあります。

また、自転車やバイクが引き金となって歩行者を跳ねて死亡させてしまう、怖い事故も連日のように起こっています。

みなさんの記憶の中にも、小学生の自動が自転車で高齢者を跳ねて1億円近い賠償金の支払いを母親が命じられた事件が残っているかもしれません。

三井ダイレク損保でしたら自転車保険やバイクの保険も販売されているので、いざという時のために加入を検討なさいませんか?

 

自転車保険

 

三井ダイレクト自動車保険に加入すれば、希望者は自転車保険をオプションプランで選択できます。

保険契約者はもちろん、ご家族が起こした自転車事故までトータルでサポートできるので、自転車保険への加入がまだという方におすすめです。

こちらの自転車保険は相手を死傷させてしまった時以外に、自転車で他人の車をぶつけてしまった、相手の自転車がぶつかった拍子に損傷などの対物までカバーされている優れた特約です。

ここ数年、自転車事故による大きな損害賠償請求が増えていますし、そのような背景を受けて各地方自体でも自転車保険への加入を条例化する所が増加中です。

自動車保険にプラスアルファで付けられるので、窓口を一本化できて、更新手続きなどを速やかに行える点が魅力です。

 

バイク保険

 

三井ダイレクト保険では自動車保険の特約として「バイク保険」を付帯できる他、バイク保険単体での加入も大丈夫です。

また、バイク保険に加入して、特約として「自転車保険」も付けられるのでご自身のライフスタイルに合わせてお得なプランを選びやすいです。

自転車に比べて事故が少ないように感じられるバイクですが、それはあくまでもイメージに過ぎません!

バイクが原因となっている数多くの交通事故がありますし、もちろん自動車と同じく歩行者のみなさんの命を奪いかねません。

自賠責保険だけでは不十分と言えますから、自動車保険と合わせて契約を検討してみてはいかがでしょうか。

三井ダイレクトのバイク保険加入者の満足度は94.2%と高いだけに、十分に検討する価値がある保険商品です。

 

まとめ:【SNSの評判】三井ダイレクト損保の自動車保険の口コミ

 

今回の記事では、SNSや2chで評判になっている「三井ダイレクト損保の自動車保険の口コミ」についてお話ししました。

簡単に要約すると以下のような内容です。

  • 事故対応、顧客対応の評判の良し悪しは契約者にとって評価が異なる
  • 担当したスタッフのキャリア歴、相性によっても対応の良し悪しが分かれる
  • 保険内容についても意見が分かれるが、大半の人が「リーズナブルな保険料で補償内容がいい」と高評価である
  • 保険料が安い理由は仲介代理店を挟まないから、安くグレードの高い保険商品を提供できる
  • 対人賠償が無制限だから死亡事故の加害者となった時に備えられる
  • 任意で補償をプラスできてカスタマイズ可能
  • 特約サービスが充実している他、お得な会員限定特典もあってお得
  • 自転車保険特約、バイク保険特約に加えて、単体でバイク保険の加入もOK

確かに、ツイッターなどのSNS上で「三井ダイレクトは対応が今一歩だから加入はやめたほうがいい」といった内容のツイートがいくつかされています。

しかし、それは三井ダイレクトに限ったことではなく、ほぼどこの保険会社に対してもそのような内容の投稿は度々見られるものです。

実際に、ツイートの内容を見ると高評価をしている投稿者も数多くいます。

Twitterや2chの情報も確かに有効ですが、実際にパンフレットを取り寄せ、さらに理解が難しい内容はご自身で問い合わせて加入を判断することが大切です。

安い保険料で内容もしっかりしていますから、自転車保険を選ぶ際の選択肢の1つにいかがでしょうか。

 

-口コミ・評判

Copyright© 自動車保険見積もりキャンペーン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.