口コミ・評判

高い保険料を払っているのに示談交渉が最悪?|三井住友海上の自動車保険の評判と口コミ

三井住友海上の評判は?悪いって口コミは本当?

 

三井住友海上は「保険料が高い」「示談交渉に時間がかかる」「資料が分かりにくい」などの悪い評価があります。

こういった悪い口コミがあるのは、三井住友海上に限ったことではありませんが、自動車保険を探している人、現在三井住友海上を利用している人は本当のところが気になりますよね。

そこで今回は、

  • 三井住友海上の事故対応や示談交渉の口コミ
  • 電話対応についての口コミ
  • ほかの保険にはない特徴
  • 補償内容の詳細
  • 自転車保険やバイク保険の取り扱いについて

以上のことを中心に解説していきます。

保険のパンフレットを見ても、保険ショップで話を聞いても、よい情報が多いでしょう。保険が必要な場面になって、どういったことがよかったのか、悪かったのかなどが分かるのは実際に利用している人の口コミです。

活用して初めて気づくことがあります。また、悪い口コミでも人によっては気にならないことかもしれません。口コミや特徴を確認して、保険選びの参考にしてください。

 

三井住友海上の保険料に関する口コミ

 

三井住友海上といえば車に乗っている方にとってなじみのある大手自動車保険会社の一つです。

三井住友海上を現在利用している人、以前利用していた人から寄せられている、事故対応やロードサービスなどについての口コミ・評判をご紹介します。

内容を一部編集しております。みなさまのお声をできる限り掲載したく、何卒ご了承ください。

 

三井住友海上の事故対応・示談交渉に関する口コミ

    • 旅行先で駐車場に停めて買い物をしているすきに当て逃げをされ、ヘッドランプとバンパーが破損してしまいました。その時点で走行に問題はありませんでしたが、すぐにディーラーと保険会社に連絡し、近くのディーラーへ納車した後は、保険会社とディーラーでのやり取りが行われました。自分で何かする必要なくスピーディーに解決しました。(60代 男性)
    • レッカー移動や台車の手配を迅速に行っていただけました。ただ、相手のいる事故だったのでもっと詳しく事故状況を連絡してほしかったです。自分は相手にどのような対応をすればよいかなどを教えてもらえるとよかったと思います。また、事故の種類によってよ担当者が違います。担当者に連絡するときに間違えることがあるので、面倒に思いました。(50代男性)
    • 仕事で車を運転していたとき、狭い路地に入ってしまったため、他人の敷地を利用してUターンしようとしましたが、そのときその敷地のポールにぶつかり倒してしまいました。すぐに保険会社へ連絡しました。対応は迅速で相手との交渉もすべてやってくれたので自分で直接話すこともなく助かりました。また、交渉中は毎日進捗状況につて連絡してくれたので安心でした。(20代女性)
    • 事故を起こしたとき、初めに何からすればいいのか、どのように伝えればいいのか分からなかったのですが、適切な指示をいただきスムーズに対応することができました。事故相手はタクシー会社でしたが、すべてサポートしてくれたのでよかったです。とくに、自分の不注意による事故でしたので、不安でしたが問題なく交渉を進めてくれて助かりました。(50代男性)
    • 事故対応はでディーラーの担当者を介しての電話対応でした。見通しのよい信号のない交差点での事故で、私が優先道路を走行しておりわき道からぶつかってきたのは相手の不注意によるものとしか思えません。しかし、保険会社の方が直接事故のあった現場を見ることはなく、私にも過失があったということを言われて不満でした。保険会社の一言により今も心の傷が残っています。(50代女性)
    • 事故相手との交渉の中で相手の言い分とこちら側の言い分が噛み合いませんでした。ただ、当て逃げされたのは私です。もう少し強気で交渉してもらいたかったと思います。この保険会社に入っていてよかったという安心感はありません。余談になりますが、代理店へのノルマもあると聞いたので、そのことが影響しているのかもしれません。(40代女性)
    • 駅のロータリーから発車直後に停車中のSUVの右リヤバンパーと自分の車の左フロントバンパーが接触しました。警察に連絡したあとすぐに保険会社に連絡すると、怪我の状態がどうなのか車の破損状況はどうなのか確認されました。相手との連絡は保険会社を通して取り次いでもらい保険で自分の車と相手の車の修理代を支払いました。保険会社の対応は丁寧ながらも迅速でスムーズでした。(30代男性)
    • 免許を取ったばかりのころ、コンビニの駐車場で人の車にぶつけてしまいました。相手の男性は首や指、腰が痛いなどを言われて、事故から1カ月以上病院に通っていました。しばらく経ったある日、治療費を支払ってほしいといったことを言われましたが、弁護士特約のおかげで何事もなく解決しました。保険会社の対応は丁寧で細かく説明もしてくれたので感謝しています。(20代男性)
    • 深夜に仕事から帰宅中に単独事故を起こしてしまいました。交差点を曲がろうとしたとき、急に飛び出してきた自転車を避けようとしたためです。自転車を避けることはできましたが、建物の壁に衝突し、右フロントバンパーとボンネットが破損しました。自走不可能であったので、その場で保険会社に連絡すると、親切に対応していただき、ロードサービスを手配してもらうことができました。(30代男性)
    • 担当者の対応はいつもよくて感謝しています。今まで更新をし続けております。深夜に一度事故を起こしてしまったのですが、事故受付センターにはすぐに電話がつながり、現場で不安になることはなかったです。担当者がすぐにかけつけてくださり、迅速に対応してもらえました。相手との示談交渉も揉めることなく進められました。(20代女性)
    • 車検切れの車と事故を起こしました。担当者とは初めに9:1の過失割合で了承していたのですが、相手側と揉めて7:3に下げられました。納得できないため、相手と直接電話でのやり取りも行いましたが、脅してくるような対応だったため、諦めました。保険会社にはもう少し私の立場になって示談交渉してもらいたかったです。(50代男性)
    • 朝方、仕事帰りのときに居眠りをして自損事故を起こしてしまい、すぐに救急車で運ばれて治療を受けていました。保険会社への連絡は家族がしました。そのあとすぐに保険会社から私に連絡があり状況を説明し、事故処理を行ってくれました。事故のときに壊してしまった壁なども素早く対応してくれたようで、退院することには修繕されていました。(40代男性)

三井住友海上の顧客対応に関する口コミ

 

  • 横から追突されたため100%相手が悪いような状況でした。しかし保険会社に言われたのはこちらが10割悪いということです。対応がよくなかったので解約しようと思いましたが、何かと言い訳をして継続を延長させようとしてきました。当時若かったため最悪な対応をされたのかとも思います。その車は手放すことになりましたし、二度とこの保険会社は使いません。(30代男性)

 

  • 友人と乗車中に交通事故を起こしてしまい、どのように手続きすればいいのか不安でしたが、直接三井住友海上の事務所に行くと、手続き方法を丁寧に教えてもらうことができました。手続きは簡単でしたし時間もかからなかったです。自分で事故相手と話を必要もなかったですし、安心して車に乗れる保険会社だと思います。(50代男性)

 

  • 対応の印象は丁寧でしたが、機械的な感じがしました。電話をするといつも丁寧な口調で話してくれます。話が長くなりそうな場合は、かけなおしてくれるので電話代は気になりません。事故のときに相談したところマニュアルに沿った案内をされます。悪くはないですが、事故を起こして不安な気落ちをなかなか解消できなかったので、もう少し親身な感じで接してもらいたいです。(30代女性)

 

  • 保険会社に電話がつながらなかったらどうしようかと不安でしたが、つながらなかったという状況はありませんでした。電話対応での物腰は柔らかくよかったです。事故を起こしましたが、私に怪我がないということを言うと「よかったです」とほっとした感じで言ってくらたので、不安だった気持ちが救われた気がしました。電話をかけたあと相手とのやり取りもスムーズでした。私を心配してくれるような言葉があったことに感謝しています。(20代女性)

 

  • 私が事故を起こした側だったので不安でしたが、最初から最後まで担当者の対応は丁寧でした。もちろん途中の状況ついても連絡があり、私の希望も聞いてなるべくよい方向に話を進めてくれました。被害者の方に会って申し訳ない気持ちを伝えたかったのですが、結局会えてはいません。被害者に会うのを嫌がる人が多いと思いますが、同行してくれたり代わりに行ってくれたりするようなことをしてくれるといいなと思いました。(40代女性)

 

三井住友海上の特徴

 

「もしものときは保険に入っているからなんとかなるだろう」と思っている方が多いと思いますが、本当にそうなったらどういう行動をするでしょうか。

家族に電話をする、警察に電話をする、驚きで動けなくなるなど、実際は迅速に必要な対応ができないものです。

そんなときに三井住友海上が頼りになるのです。三井住友海上には独自のロードサービス、事故時の対応方法があります

以下で詳しく解説しますが、事故が起きてしまったときだけでなく、事故を未然に防ぐサポートもあります。

 

特徴①:おクルマQQ隊が事故を解決!

 

車に乗っていると、

  • ガソリン切れになった
  • バッテリーが上がった
  • 鍵を車内に置いたままドアを閉めてしまった
  • タイヤがパンクした
  • タイヤが溝にはまった

など、困ったことがないとはいえません。

そんなとき自分ひとりだとどう対処すればよいのか分からないですよね。おクルマQQ隊はそういった道路上で困った事故や故障について、電話LINEで依頼すればすぐにかけつけてくれるサービスです。

タイヤの交換やドアの解錠など時間のかからない作業は、現場ですばやく処置してくれますので、それほど待つことはありません。

万が一まったく車が動かない状態になった場合は、レッカーが必要になることもあるでしょう。おクルマQQ隊ではレッカーの費用やレッカー後の宿泊費用、修理中のレンターカー費用のサポートもあるので安心です。

 

特徴②:ドライブレコーダーを活用!

 

三井住友海上には、事故時のトラブルにすばやく対応したり、安全運転を誘導したりするために専用ドライブレコーダーを活用しています。

例えば、一定以上の衝撃を受けた場合、自動的にドライブレコーダーが三井住友海上の専任オペレーターにつながり通話できる状態になります。そこで安否の確認、これからどういった行動を取ればいいのかについてアドバイスをしてくれます。

また、事故などで衝撃を検知した場合は、その時間の映像が保存され、さらに自動的に三井住友海上に送信されるシステムとなっています。

万が一事故を起こすとパニックになりがちで、自分から状況をうまく伝えられないことも多いですが、このサービスにより落ち着いた行動を取ることができるでしょう。

 

三井住友海上自動車保険の補償内容

 

自動車保険を選ぶ基準の一つはどんな事故が起こったときに、どのような補償を受けられるのかという補償内容ですよね。

三井住友海上には、

  • 事故相手がケガをした場合
  • 自分がケガをした場合
  • 車が壊れた場合
  • ロードサービス
  • 特約(自動的につくもの)

以上の5つのケースについての補償があります。すべての契約にセットされているのでオプションを追加しなくても手厚い内容となっているのです。

 

事故相手への賠償

 

事故は自分ひとりが損害を負う場合もありますが、人を巻き込んでしまう可能性もあります。そういう場合に備えて、

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 対物超過修理費用特約

が、基本のプランでサポートされています。

  • 対人賠償保険

自分が起こした事故で相手の方がケガ、死亡した場合の賠償金が補償されます。ケガをした場合でも度合いや後遺症などによって、大きな賠償金を請求される可能性があります。高額なお金はすぐに用意できるものではありません。

強制で加入している自賠責保険などでも保険金が出ますが、足りない場合にはこういった補償が役立ちます。

  • 対物賠償保険

人ではなく、相手の車や電柱に損害を与えてしまった場合にも修理費が補償されます。また、踏切を通過する途中で車が止まってしまった場合、電車の走行を妨げ大きな損害を与えますよね。そのときの振替輸送費などに補償があります。

  • 対物超過修理費用特約

相手の車の修理費が時価額を超えたために、対物賠償保険で補え切れなかった場合、最高50万円まで補償されます。ただし、相手の車の修理がが事故日の翌日から6カ月以内に終わった場合のみです。

事故相手との交渉に不安な方は、三井住友海上に任せることもできます。

 

自身の怪我への補償

 

事故により自分や一緒に乗っていた人がケガをした場合に備えて、

  • 人身傷害保険
  • 入院・後遺障害時における人身障害諸費用特約
  • 傷害一時金特約

が、基本のプランでサポートされています。

  • 人身傷害保険

ケガの治療費、働けない間の収入、精神的な障害、死亡、後遺障害などが発生した場合に補償を受けられます。相手の人がいる事故でも示談成立を待たずに保険金が支給されるので安心です。

  • 入院・後遺障害時における人身障害諸費用特約

ケガでの入院や自分の生活だけでも大変な傷害を負った場合に諸費用が補償されます。例えば、入院すると「赤ちゃんお世話ができない」「犬のお世話はどうしよう」「おじいちゃんを介護する人がいない」などといった心配が出る場合もあるでしょう。

補償内容 上限額
ベビーシッター雇入、保育施設預け入れ 合計で1日2万円
ホームヘルパー雇入、介護ヘルパー雇入 1日にそれぞれ2万円
ペットシッター雇入、ペット専用施設預け入れ 合計で1日2万円
個室利用時の差額ベッド代 1日2万円
リハビリ訓練費用 1カ月5万円
車イス等の購入 500万円

大きなケガによって必要となる費用は治療費ばかりではなく、そのほかにもたくさんあります。

  • 傷害一時金特約

入院や通院時に必要な、洗面用具や寝巻き、着替えなどの準備に充てるための費用が支給されます。

実治療日数 一時金
1日~4日 1万円
5日以上 10万円

1日の通院で治療が終わった場合でも、1万円支給されます。

 

車の補償

 

事故が起きると大切な車が壊れてしまうこともあるでしょう。

車が壊れてしまうと修理に高額な費用がかかることも多いので、車の補償があると安心ですね。

こちらの保険では、

  • 自動車同士が衝突したり、当たってしまったりしたとき
  • 自動車に当て逃げをされたとき
  • 窓ガラスを割られたり、落書きをされたとき
  • 台風・竜巻・洪水・高潮で車が壊れたとき
  • 車の火災や爆発
  • 盗難被害

などが起きた場合に補償してもらえるものです。

自動車を持っているとあり得るトラブルに対応してもらえる基本的なものです。しかし、この基本のものでは地震津波、噴火が起きて車が壊れたときに補償がありません。

日本は地震がよく起こる国でもあるので、地震や津波に備えてオプションをつけるのも考えておきましょう。また、10個のトラブルの補償に限定すると、上記では範囲に入っている

  • 人や自転車、動物との接触で車が壊れた場合
  • 電柱やガードレールに当たってしまった場合
  • 転覆や墜落が起こった場合

に車が壊れてしまっても補償されません。

幅広いトラブルに対応するのか、限られたものでよいのかをじっくり検討してくださいね。

 

ロードサービスの内容

 

車の事故やトラブルは、いつ起きるか分からないものですよね。

「朝出勤前に車に乗ろうとしたら、窓ガラスが割れていた」「お盆休み中に事故をして車が壊れた」「夜中に盗難に遭った」などというときに、保険会社のスタッフの方にすぐに相談できると助かるでしょう。

こちらでは、365日休みなく、24時間なにかあったときに対応してくれます。 特に、事故に遭ったときは「プロの人にどうしたらいいか相談したい」「自分ではどう解決していいか分からない」と不安になりますよね。

そのようなときでも電話をすればその後にどう行動をすればよいかを丁寧に教えてくれるので、いつ何が起きても安心です。 「お盆休みだから保険のスタッフの人と連絡が取れない」「夜中だから自分で対応するしかない」などの不安がないのは嬉しいですよね。

また、アドバイスをもらえるだけでなく、自分が望めば相手の方だけでなく修理工場、レンタカー会社、医療機関などへも連絡と対応をしてくれます。「自分ではどう説明すればいいか分からない」という心配がなく任せられるので、分からないときは相談をしましょう。

 

特約

 

上記のような補償は車を持っていると必ず必要にはなりますが、さらに補償を充実させたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

「もっと補償を充実させて心配事を減らしたい」「事故に遭ってケガをしたのに、相手が病院代を全然払おうとしない」などと考えている方は、基本のプランに特約をつけて充実したプランを作りましょう。

特約はいくつかあり、

  • 友達や知人から借りた車で事故を起こしてしまったとき
  • 契約している車の修理中に運転している代替車で事故を起こしたとき
  • 契約している車の運転者が心神喪失で事故が起きたとき車が欠損していた、または不正アクセスによって事故が起きたとき

などに保険金がもらえるようにオプションがつけられます。

また、事故が起きたときに自分や相手がケガをすることがありますよね。

ケガをしたときは事故を起こした相手が治療費を払いますが、

  • 請求しても払ってもらえない
  • 治療費の話し合いにお互い納得いかず全然進まない

などというトラブルが起こる方もいます。

そのようなときに便利なのが、弁護士費用特約です。弁護士には相談するだけでも高額なお金がかかることがあるので、こちらをつけていると300万円までは損害賠償請求や弁護士費用を補償してもらえます。

また、弁護士だけでなく司法書士や行政書士に相談をする場合にも、10万円まで相談費用がおりますよ。

 

三井住友海上とアクサダイレクトの比較

 

会社名 プラン 補償の内容 特約 ロードサービス
三井住友海上 ある程度の事故やトラブルに対応できる基本のプランにオプションをプラスすればさらに充実 ・自分のケガの補償

・事故相手への賠償

・車の補償

・他の人の車を借りて事故を起こしたときの補償

・新車特約

・弁護士や司法書士などへの相談費用

・365日24時間対応

・事故やトラブルが起きたときに専門のスタッフが間に入ってくれる

アクサダイレクト インターネットで契約をすれば最大で20,000円も割引が受けられる ・自分のケガの補償

・事故相手への賠償

・車の補償

・原付き自動車運転中の事故に対応

・パッケージがいくつかあり、基本のプランにプラスでつけて補償を充実させる

・365日24時間対応

・インロックやパンク、バッテリーが上がったときに無料で対応してくれる

両社とも基本のプランにプラスで色々と補償をつけられるものになっています。

また、365日24時間対応が可能なのも一緒なので、なにかトラブルが起きたときはすぐに対応をしてもらえますね。

三井住友海上は継続して入っていると割引されるシステムで、アクサダイレクトはインターネットで契約をすると割引が受けられます。

両社とも補償はしっかりしていてお値段もお手頃です。

自分にはどんなプランが必要なのかをしっかり見極めて選びましょう。

 

三井住友海上が気になったら直資代理店へ!

 

三井住友海上が気になっても「直接会って相談をしたい」「色々質問してから入りたい」などという方も多いですよね。

近くに代理店があるかどうかは、ホームページから簡単に探すことができます。ホームページからだと最寄り駅や住所を入れるだけで近くの店舗が出るので、すぐに探すことができますよ。

現在では代理店数が36,478店舗にも及び全国各地にあります。

ホームページでは住所だけでなく地図までしっかり出るので、「会って相談をしないと不安」という方は、店舗に行ってみましょう。

また、店舗に行く場合は、スムーズに相談ができるように予約をするのがおすすめです。予約をすれば十分な時間を取ってもらえますし、待ち時間もないですよ。

 

よくある質問

 

自動車保険に入るまでは、色々分からないことも多いかと思います。

そこで、ここではみなさんが疑問に思いやすい質問をいくつかご紹介します。

  • 家族型のものは人数制限はあるのか?→人数制限はない
  • 申し込みはいつからできるのか?→始めたい日の60日前~前日まで可能
  • 海外からでも申し込みは可能か?→日本に住んでいる人が国内からしかアクセスはできない
  • 年齢制限はあるのか?→18歳以上で69歳未満の人

 

自転車保険の取り扱いはありますか?

 

車にも乗るけれど自転車にもよく乗るという方は、車と同じ保険に自転車保険をつけられたら便利ですよね。三井住友海上には自転車保険もありますよ。

怪我の補償範囲を本人だけにするのか、家族も含めるのかなどによって年間保険料は、3,990円~13,980円となっています。自転車事故を甘く見ていると高額な賠償金に悩まされることもあります。三井住友海上ではどのコースを選んでも賠償金3億円まで補償してくれるので安心です。

また、自転車事故だけでなく

  • マンションの風呂場で水漏れを起こし下の部屋の人に迷惑をかけた
  • 自転車に乗っていないときに、車に当たられて怪我をした

などの日常生活での事故についても補償があります。

 

バイク保険の取り扱いはありますか?

 

車の運転をするときは自賠責保険への加入が必須ですが、バイクの運転をするときも同じです。三井住友海上にではバイク向けに自賠責保険と任意保険の取り扱いがあります。

自賠責保険で補償されるのは、相手が怪我をした場合の賠償金です。また、入らないまま運転すると、

50万円以下の罰金か1年以下の懲役+違反点数6点と免許停止

となります。

自賠責保険で補償されない部分は任意保険が役立ちます。

  • 自分が怪我をした場合
  • 自分のバイクがダメージを受けた場合
  • 相手の車や物などにダメージを与えることになった場合

についての補償を受けることができます。

バイク事故や故障のときでも上記でご紹介したおクルマQQ隊を利用できますので、ロードサービスやレッカーけん引なども補償されます。

 

まとめ:三井住友海上の評判と口コミ。最悪って本当?

三井住友海上の自動車保険や口コミなどをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

この記事のポイントは、

  • 丁寧かつスピーディーな対応をしてくれる
  • 対応が事務的に感じてしまう方もいる
  • 事故で自分がケガをしたときや車の故障、相手への賠償など幅広い補償がある
  • 直接相談したい場合はホームページで代理店を探すとよい

です。

口コミではよい意見だけでなく、悪い意見もあります。自分でどんな補償が必要かを確認し、電話や代理店に相談をして加入するかを検討しましょう。

-口コミ・評判

Copyright© 自動車保険見積もりキャンペーン , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.